描いた線が汚い、荒い、ギザギザして見える

描いた線が汚く見える、荒れて見えるという場合は、下記についてご確認ください。


表示倍率が大きい場合

表示倍率が100%より大きいと、下の画像のようにドットが目立ちます。
画像はドットの集合体で形成されるため、拡大表示するとこのように見えます。



この場合、表示倍率を100%にしてご確認ください。
倍率100%時に線が綺麗に見えれば、画質には問題ありません。




表示倍率が小さい場合

表示倍率が100%よりも小さい場合、下の画像のように線のジャギーが目立つ場合があります。



画像のプレビューの関係上、倍率によっては荒れたように見えますが、表示倍率を100%にした際に線が綺麗に見えれば、画質には問題ありません。


なお、倍率が低い際のプレビューについては、下記の設定で品質を上げることも可能です。


1.環境設定を開きます。


2.左側のカテゴリから[キャンバス]を選択します。


3.表示品質を [高品質]に設定します。



4.より高品質でプレビューされるようになります。



アンチエイリアスの無い線の場合

アンチエイリアスが付いていないモノクロ二階調の線は、表示倍率を100%にしてもジャギーが見えて、荒れているように感じるかもしれません。



モノクロ二階調の線は、基本的に印刷用途の原稿の場合に使用します。
そのためモニタ上でジャギーが見えていても、解像度が600dpi以上の原稿なら、印刷時の品質には問題ありません。



300dpiや350dpiなど、600dpiに満たない解像度でアンチエイリアスの無い線を描いた場合は、印刷するとジャギーが目立ちます。


※低解像度で作成した原稿は、後から解像度を600dpiに変更しても画質は低いままですので、最初から600dpiで作成した原稿と比べると画質が落ちます。



筆圧が効かない、線がガタガタする場合

筆圧を検知しなかったり、補正が効かずに線がガタガタになるなど、描画が不安定な場合は、ペンタブレットドライバに問題が起きている可能性があります。

その場合は以下のページの内容をご確認ください。


ペンタブレットで描画した際にペン先と線の位置がずれてしまう(筆圧を検知しない現象を含む)