[Windows/macOS]CLIP STUDIO PAINTが起動できません

以下のようなケースでCLIP STUDIO PAINTの起動ができない場合は、本ページの内容をご確認下さい。


・「ソフトウェアを起動しています。しばらくお待ちください。」というメッセージが出たまま起動しない


・起動後に何もエラーメッセージが出ずに強制終了する。



インストールやアップデート後に起動しない場合

新規インストールや、アップデート直後に起動しない場合、インストールが不完全である可能性があります。

以下の手順でアンインストールと再インストールを行ってください。

※Windows/macOS版のCLIP STUDIO PAINTは、アンインストールを行っても作品や素材、設定等は削除されません。



Windows

1.Windowsの[コントロールパネル]を開きます。


2.[プログラムのアンインストール]を開きます。



3.プログラム一覧から[CLIP STUDIO PAINT 1.X.X]を選択し、アンインストールします。



4.CLIP STUDIO PAINTのアンインストールが完了後、[CLIP STUDIO 1.X.X]を選択してアンインストールします。



5.パソコンを再起動して、以下のページから最新版のソフトウェアをダウンロードしてインストールします。



※インストール先を変更せずに、インストールを行ってください。



macOS

1.Appleのメニューバーから[移動]→[アプリケーション]を選択します。



2.表示されるフォルダー内にある[CLIP STUDIO1.5]フォルダーを削除することでアンインストールされます。



3.パソコンを再起動して、以下のページから最新版のソフトウェアをダウンロードしてインストールします。




セキュリティソフトの設定を確認する

セキュリティソフトがアプリケーションに干渉している可能性があります。

以下のページを参考に、スキャンの除外設定を行ってください。



また、Windows10環境でセキュリティソフトを使用していない場合、OSに標準搭載されている[Microsoft Defender]が自動的に稼働します。

[Microsoft Defender]が稼働している場合、以下のページで案内している内容をご確認の上、CLIP STUDIO PAINTの再インストールを行ってください。




ペンタブレットドライバのアンインストール

ペンタブレットドライバの影響でアプリケーションが起動できなくなる場合があります。

以下のページの内容を参考に、ペンタブレットドライバをアンインストールして、起動できるかご確認ください。




ディスプレイに設定されているカラープロファイルを変更する

ご利用のディスプレイに特殊なカラープロファイルが設定されている場合、CLIP STUDIO PAINTが起動しない事があるため、カラープロファイルを汎用的な[sRGB]のものに変更してください。



例:Windows10の場合

1.デスクトップの何もないところを右クリックして[ディスプレイ設定]を開きます。


2.表示されたウィンドウ下部にある[ディスプレイの詳細設定]を開きます。


3.[ディスプレイ1のアダプターのプロパティを表示します]をクリックします。


4.表示されたダイアログで[色の管理]タブを選択します。


5.[色の管理]を押して、[デバイス]欄で使用中のディスプレイ名が表示されている事を確認します。


6.[追加]ボタンを押し、[sRGB IEC61966-2.1]を選択して[OK]を押します。

※もし完全一致する項目がない場合、[sRGB]と付いたものを選択してください。


7.追加したsRGBのプロファイルを選択した状態で[既定のプロファイルに設定]をクリックします。


8.ディスプレイが複数接続されている場合は、[色の管理]ダイアログ上部の[デバイス]欄で他のディスプレイを選択し、同様に手順[6]~[7]を行います。


9.パソコンを再起動し、CLIP STUDIO PAINTが起動できるかご確認ください。



関連フォルダーに問題がないか確認する

CLIP STUDIOシリーズのアプリケーションを終了し、以下の場所にある[CLIPStudioPaint]フォルダーの名前を[1CLIPStudioPaint]に変更してください。


※この操作を行うと、CLIP STUDIO PAINTを起動した際にライセンス認証が求められます。


Windows

C:\Users\(お客様のユーザ名)\AppData\Roaming\CELSYS\CLIPStudioPaint


※[AppData]は隠しフォルダーです。[AppData]フォルダーが表示されない場合はエクスプローラー上部の[表示]タブから[隠しファイル]にチェックを入れます。



macOS

起動ディスク/ユーザー/(ユーザー名)/ライブラリ/Application Support/CELSYS/CLIPStudioPaint


※キーボードの[option]キーを押しながら、Appleメニューの[移動]メニューをクリックすると、[ライブラリ]が表示されます。


上記操作後、PCを再起動し、CLIP STUDIO PAINTが起動できるかご確認ください。



ユーザー設定に問題がないか確認する

CLIP STUDIOシリーズのアプリケーションを終了し、以下の場所にある[CLIPStudioPaintVer1_5_0]フォルダの名前を[1CLIPStudioPaintVer1_5_0]に変更してください。

※この操作を行うと、ブラシやショートカットなどのカスタマイズした設定が初期化されます。素材パレットの素材には影響はありません。


Windows

【1.10.13以降】

C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\CELSYSUserData\CELSYS\CLIPStudioPaintVer1_5_0


※[AppData]フォルダが表示されない場合はエクスプローラー上部の[表示]タブから[隠しファイル]にチェックを入れます。

※旧バージョンからご利用でフォルダの移動を行っていない場合は、【1.10.12以前】の場所をご確認下さい。


【1.10.12以前】

C:\Users\(お客様のユーザ名)\Documents\CELSYS\CLIPStudioPaintVer1_5_0



macOS

起動ディスク/ユーザ/(お客様のユーザ名)/ライブラリ/CELSYS/CLIPStudioPaintVer1_5_0


※キーボードの[option]キーを押しながら、Appleメニューの[移動]メニューをクリックすると、[ライブラリ]が表示されます。




上記操作後、CLIP STUDIO PAINTを起動し、アプリケーションが初期設定で起動する事を確認してください。