[iPhone/iPad]CLIP STUDIO PAINTでファイルを開く際、アクセス権のメッセージが表示される

CLIP STUDIO PAINTバージョン1.9.5以降、iOSまたはiPadOS標準のファイル App内のファイルを直接開けるようになりました。


下記の形式については、OSのバージョンにより動作が異なります。


・ページ管理ファイル(cmcファイル)
・ページ管理配下にあるファイル(clipファイル)
・3Dファイル(テクスチャ等複数のファイルで構成されているもの)



iOS13, iPadOS 13以上の場合

ファイルが保存されているフォルダーへのアクセス権を有効にすることでファイルを直接読み込めます。

※iCloud Drive以外のクラウドサービスのフォルダーにファイルを保存している場合は、後述の「iOS12の場合」の手順でフォルダーをコピーしてください。


1.[ファイル]メニュー→[開く]から開きたいファイルを選択します。
※3Dファイルの場合は[ファイル]メニュー→[読み込み]→[3D]からファイルを選択します。


2.[フォルダーへのアクセス権が必要です]というメッセージが表示された場合、[OK]を選択します。




POINT

  • [ファイル]メニューの[最近使ったファイル]に表示がある作品の場合は、アクセス権のメッセージは表示されません。
  • テクスチャ等複数のファイルで構成されている3Dファイルの場合は、毎回読み込み時にアクセス権を有効にする必要があります。
  • ページ管理配下にあるclipファイルを開いた場合は、以下のメッセージが表示されます。 [ページ管理しないで開く]を選択すると、そのページのみが単体のキャンバスで開かれ、編集可能になります。 ページ管理できる状態で開く場合は、[OK]を選択して手順「3」以降をご確認ください。





3.フォルダー一覧で、ファイルが保存されているフォルダーが自動的に選択されるため、[完了]をタップします。



フォルダーが自動選択されない場合は、ファイルが保存されているフォルダーを手動で選択してください。


※iCloud Drive以外のクラウドサービスのフォルダーは選択できません。



iOS12の場合

ページ管理配下にあるclipファイルを開いた場合は、以下のメッセージが表示されます。
[ページ管理しないで開く]を選択すると、そのページのみが単体のキャンバスで開かれ、編集可能になります。



複数ページ管理できる状態で作品を読み込む場合は、以下の手順で[Clip Studio]フォルダー内にフォルダーをコピーしてからファイルを読み込んでください。


手順

1.ファイル Appを起動します。



2.該当のフォルダーが保存されている場所を開きます。


3.フォルダーアイコンをロングプレスして[移動]を選択します。



4.[Clip Studio]フォルダーを選択して[コピー]をタップします。



※[このiPad内]配下にあるフォルダーから移動する場合は、コマンド名が[移動]となり、元の場所から[Clip Studio]フォルダーにファイルが移動されます。